[WDW&DCL準備㊳]【必見】海外保険はクレジットカードが最強!少しでも保険代を安くするコツ 自動付帯・利用付帯の違いとは?

【必見】海外保険はクレジットカードが最強!少しでも保険代を安くするコツ 自動付帯・利用付帯の違いとは?

こんにちはひょんすけです(‘ω’)

[ウォルトディズニーワールド(WDW)ディズニークルーズライン(DCL)]の準備もだいぶ進んできました!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

これからも読んでいただけると嬉しいです(#^.^#)



本記事では海外旅行に行く上でかかせない[海外保険]についてお話していきます!

[ディズニークルーズ保険]については上の記事をお読み下さい^^

1.海外保険は絶対入るべき

私も今まで何回か海外旅行をしてきましたが海外保険に加入せずに行った事はありません

ひょんちゃん

最初は「そんなのにお金かけてらんないよ!」「使わなかったらただのお守りっしょ?」「ただでさえお金飛んでくのに~(・3・)」

とブツブツ言いながら、何かあったら怖いのでお守りだと思って、なんだかんだ毎回加入していました。


もし、海外保険に加入せずに行った後海外で病気にかかったり事故や災害で何かあったら…莫大なお金が請求されます。


今回行くアメリカは医療費がバカ高いので特に加入しておくべきです(‘◇’)

すけ先生

ビクビクしながらだとせっかくの海外旅行も楽しめないからね(-m-)

安心した状態で楽しみたいよね!

2.クレジットカード付帯保険が最強なワケ

海外旅行の保険が付帯しているクレジットカードは結構あります。

保険内容はクレジットカードによって異なりますが、どれも海外を旅する際の安心に繋がるものばかりです!

ひょんちゃん

多すぎてどれが1番いいのか( ノД`)全部持っていったらいいんじゃないの?

それぞれクレジットカードによって保険内容が異なるので自分にあったカードを選ぶのが1番ですが、年会費がかかったり、普段使いしずらいものがあったりします。



なので、私達が実際に利用した中でも海外旅行保険の保証が手厚いオススメのクレジットカードを紹介していきます。

2-1.自動付帯と利用付帯の違い

カードの紹介をしていく前に…

クレジットカードの海外旅行保険は「自動付帯」「利用付帯」に分かれてます。

すけ先生

この違いを知っておかないといざという時に保険が使えない!という事になるので(経験者)注意。

【自動付帯】とは

クレジットカードを所持しているだけで自動的に適用される保険

そう、最強カードです。
(自宅に置いてるだけだと適用されないので必ず持っていきましょう。)

【利用付帯】とは

航空チケットやツアー代金などを、そのクレジットカードで支払った場合にのみ適用される保険

【補足 ⚠】

例)海外旅行に行くとき、空港に行くまでのリムジンバス・電車・タクシーなど公共交通乗用具の料金を事前にクレジットカードで支払うだけで旅行保険が適用されます。

ひょんちゃん

旅行代金を支払う時は保険の事なんか考えないからね(;’∀’)

何かしら移動手段でクレジットカードを使用していれば安心ってことだね!

せっかく持って行ったのに利用してなかったから保険適用されなかった!て事がないように事前に確認していきましょう^^

2-2.複数のカードで補償金額の合算が可能

え、コレって複数枚持ってれば最強じゃない?と思いがちですが補償内容によって違ってくるので注意が必要です。

A補償額合算可能】

・病気やケガの治療費用や救援者費用

・賠償責任や携行品損害などの補償金額

これらは複数枚クレジットカードを持っていれば補償額が合算されて増加する仕組みです!

B【限度額に限りがある】=合算不可能

・死亡

・後遺障害

最も高い補償額が限度額となる仕組みです!
なので複数枚もっていても補償額を合算することは不可能です。

2-3.海外旅行保険を契約してたら補償額の増額も可能

(カードと別にプラスで)
海外旅行保険を契約していた場合はそれぞれ補償額を増額することが可能です。

A【補償額合算可能

・病気やケガの治療費用や救援者費用

・賠償責任や携行品損害などの補償金額

に関して、クレジットカードと海外旅行保険契約をしていた場合…

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の補償金額と契約した海外旅行保険の補償額がすべて合算されて増額



B【限度額に限りがある】=合算不可能

・死亡

・後遺障害

に関して、クレジットカードと海外旅行保険契約をしていた場合…

クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償額+契約した海外旅行保険の補償額の合算となって増額

※クレジットカードが複数枚ある場合は最も高い金額の合算となります

3.実際に利用したオススメのクレジットカード

ここからは実際に今回私達が利用した海外保険付帯のクレジットカードを紹介します。

全て年会費無料です。

3-1.楽天カード

こちらから登録できます^^

・年会費無料

・利用付帯


楽天カードの海外旅行保険は手厚く、また年会費無料というのが魅力的です。

ポイントが貯まりやすいので利用付帯でも安心して使えます!

楽天カードの保険内容の詳細はこちら
引用元:楽天カード公式サイト

すけ先生

まさか楽天カードの保険に助けられる日が来るなんて…。

3-2.エポスカード

↓こちらから登録できます^^

・年会費無料

・自動付帯

この2点だけで持っておく価値がありますが驚きのポイントは手厚い保険内容です!

エポスカードの保険内容の詳細はこちら
引用元:エポスカード公式ページ


3-3.JCB Wカード

・年会費無料

・利用付帯



なんとっても魅力的なのは…

高いポイント還元率いつでもポイント2倍!
(今でもこのカードをメインに使用しています)

対象者:高校生を除く18歳以上39歳以下

一度入会すれば40歳以降も年会無料で継続可能
※Web限定のクレジットカード

貯まったポイントはギフトカードや、ANAマイル、amazonでの買い物などに交換・利用可能

JCBWカードの保険内容の詳細はこちら
引用元:JCBW公式サイト

4.実際に海外保険に助けられた話

なぜここまで海外保険が大事かと言うと実際に海外保険に助けられた本人だからです(笑)

2年前海外ディズニーに行った際、謎の細菌感染に侵されてしまって…

海外の医者にホテルで診察してもらうことに(-_-;)

ひょんちゃん

めちゃくちゃ不安だったけど、日本語通訳の方も同行してくれて助けられたね(´;ω;`)

すけ先生

その時ほぼ記憶なかったけど(汗)

楽天カードで航空券を購入してたこと思い出せて本当に良かった神様ありがとう(´;ω;`)

その時点では海外での診察代が1度請求されましたが、後から申請をして差額分が返ってきました!!

5.まとめ

本来ならクレジットカード付帯保険+海外旅行保険にも加入するべきでしたが、今回は予算重視だったのと持っていたクレジットカードの保険内容が十分優秀だったので海外旅行保険には加入していません。=保険代無料

・海外保険付帯のクレジットカードは最低でも1枚は必ず所持

・自分の持ってるカードが自動付帯・利用付帯どっちなのか理解しておく

・補償内容によっては補償額の合算が可能

お世話になったミッキーネットさんのサイトはこちらです(^^)


ディズニークルーズの説明会はこちらです(^^)↓
(オーバーシーズ・トラベル)

参加した人だけに魅力的な情報と特典あり!
参加費:無料

※人数制限あるので早めの予約がオススメ!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました