TDL「美女と野獣エリア」はインスタ映えスポットいっぱい!アトラクション抽選に外れても十分楽しめちゃいます

TDL「美女と野獣エリア」はインスタ映えスポットいっぱい!アトラクション抽選に外れても十分楽しめる

こんにちはひょんすけです(‘ω’)

2020年9月28日に東京ディズニーランドにオープンした新エリア。

本来であれば、ディズニーランドの開園日でもある4月15日にオープン予定でしたが…新型コロナウィルスによって開園日が遅れていました。

…待ち続けること半年、やっと来ました!

「美女と野獣エリア」以外にも「ベイマックスのハッピーライド」「ミニーのスタイルスタジオ」も同じ日の9月28日にオープンしました。

本記事ではその中の1つ「美女と野獣エリアの見どころやオススメ写真スポット」について紹介していきます。

※「ベイマックスのハッピーライド」「ミニーのスタイルスタジオ」については後日紹介します。

1.美女と野獣エリアはアトラクションの抽選に外れても楽しめる

今回オープンした新スポットの1つである「美女と野獣エリア」はディズニー映画「美女と野獣」の世界観を徹底的に再現されていて、美女と野獣ファンなら誰もが魅了されてしまいます。

中でも1番人気なのはライド型アトラクションである「美女と野獣”魔法のものがたり”」です。

この人気アトラクションは誰でも乗れる訳ではなく、エントリー受付に当選した方しか体験することができません。

このエントリー受付の当選率が50%前後なので、約半数のゲストは体験できないということになります。

私は遠方のため、そんなに頻繁にパークに行ける方ではありません。

すけ先生

2020年12月現在、コロナの影響で年パスが返金対応になり、チケットも抽選だから、今頻繁に行ける人の方が少ないよね。

「アトラクションの抽選に外れたら楽しめないの?」という声をよく聞きますが全然そんなことありません!!

抽選に外れても十分美女と野獣の世界観を楽しむことはできます!!

というのも美女と野獣エリアはアトラクション以外にも、ショップやレストランなどの施設もオープンされていますし、何より、どこを撮っても写真映えするんです!

先ほども説明したように、アトラクションに乗るためにはエントリー受付に当選しないと体験することができないため、完全に運になります(泣)

ですが、一部レストラン・ショップは事前予約制になっているためその施設をあらかじめ予約しておけば、十分に楽しむことができます!

【予約対象レストラン】

ラ・タベルヌ・ド・ガストン

【予約対象ショップ】

ビレッジショップ

上に記載した予約対象施設はそれぞれ予約の仕方、予約開始時期が異なります。

レストラン:1か月前から予約開始

ショップ:5日前から予約開始

※それぞれ別記事にて紹介してますのでそちらをご覧ください^^

2.美女と野獣エリアへ入るための入り口は大きく分けて2か所

まず、美女と野獣エリアへの入り口は大きく分けて2つあります。

1つ目:トゥモローランド側(ベイマックスの横)

2つ目:トゥーンタウン側(プーさんのハニーハント)

どちら側からでもエリア内に入る事は可能です。

始めての人はトゥーンタウン側から入ることを強くオススメします!!

プーさんのハニーハントのアトラクションがあるトゥーンタウン側から入ると、美女と野獣の街並みを味わいながらお城へと向かうことができるからです。

ひょんちゃん

奥にある山の立体感を味わうこともできるし、実際の物語の世界観を味わいながら入る事ができるよ!

反対側のベイマックスの横のトゥモローランド側から入ると、イキナリお城が見えてしまうため迫力はすごいけど、物語の世界観から言うと、少し欠けてしまうような気がするからです。

3.美女と野獣オススメ写真スポット①野獣のお城

それでは早速美女と野獣エリアのオススメ写真スポットを紹介していきます。

まず始めに紹介するのは、定番のスポットでもある「野獣のお城」

野獣のお城だけでも多くの写真映えスポットがあるんです!

3-1.野獣のお城:正面

お城の正面のこちらのスポットは定番です。

野獣のお城:正面
野獣のお城:正面

こちらの写真にもあるように、お城の門の場所にはロープがあります。

※ロープの先には、アトラクション体験者しか入ることができません。

そして、この定番スポットでは列に並ばないと写真を撮ることができません。(2020年12月時点)

すけ先生

フォトカメラマンに撮影してもらえるから素敵な写真が撮ってもらえる(^^)

もちろん、自分のカメラでも撮影してもらえるよ。

【注意点 ⚠】

列が長くなると一度ラインカットされます。

数分経つと再度列に並ぶことができますので、キャストさんに時間を確認しましょう。

ひょんちゃん

時間帯によっては、フォトカメラマンが不在の時も。

その場合は前後のゲストと写真を撮り合おう!

美女と野獣エリア:野獣のお城
美女と野獣エリア:野獣のお城

お城をバックに、左右両側から写真撮影ができるようになっているため、真ん中ではなくて少し左側にズレています。

3-2.Beauty and the Beastの看板

先ほどの野獣のお城の写真スポットの左右には小さな花壇?があります。

そこにBeauty and the Beastと書かれた看板があります。

美女と野獣エリア:野獣のお城付近の花壇
美女と野獣エリア:野獣のお城付近の花壇

あまり写真スポットとしては取り上げられていませんが、私はすごく好きです!

美女と野獣エリア:野獣のお城付近の花壇(夜)
美女と野獣エリア:野獣のお城付近の花壇(夜)

昼は可愛らしく、夜は素敵な写真が撮ることができます。

ひょんちゃん

美女と野獣のポップコーンバケットは光るから相性抜群だね!

3-3.野獣のお城(左側):鉤爪脚の馬車

お城を左側に進むと見えてくるスポットがこちらです。

野獣のお城(左側):鉤爪脚の馬車
野獣のお城(左側):鉤爪脚の馬車

お城の左側にあるこちらの馬車。

ここからお城をバックに撮ると工事中のクレーンがいい感じに隠れます。

(左手に人がいたため、この写りになってしまいましたが…もう少し左側から撮るとちゃんとお城が入るので、もっといい感じに撮れます!笑)

ひょんちゃん

物語の中で、モーリスが城から帰るために乗った鉤爪脚の馬車だね!

3-4.野獣のお城(右側):滝

お城を右側に進むと見えてくるスポットがこちらです。

美女と野獣:野獣のお城(右側)滝
美女と野獣:野獣のお城(右側)滝

この滝の感じもすごく素敵で、滝越しに見えるお城がなんとも美しい。

この滝の近くにもフォトカメラマンによる写真スポットがあります。

野獣のお城(右側):滝
野獣のお城(右側):滝

こちらにもフォトカメラマンがいたので、少しだけ列ができてました。

野獣のお城(正面)の写真スポットに比べると、人は少なかったです。

※ここでの写真は夜撮ったのですが、日中ももちろん行きました。

美女と野獣 野獣のお城
美女と野獣 野獣のお城

4.町並み

何と言ってもこの町並みこそ物語の世界そのものなんです!

美女と野獣エリア:町並み
美女と野獣エリア:町並み

4-1.ビレッジショップ

ベルの町には趣の異なる「ラ・ベル・リブレリー」「リトルタウントレーダー」「ボンジュールギフト」の3つのショップで構成された「ビレッジショップス」があります。

言い換えると、大きな1つのショップ(ビレッジショップ)になっています。

こちらのビレッジショップに入るためには事前予約が必要になります。

※ビレッジショップの詳細についてはこちらの記事をご覧ください^^
(後日公開します)

町並みからも野獣のお城を眺める事ができます。

美女と野獣エリア:ビレッジショップ
美女と野獣エリア:ビレッジショップ

入り口から入って見える最初のお店は「ラ・ベル・リブレリー

すけ先生

物語でベルが実際に通った本屋さんなんだね!

美女と野獣エリア:ビレッジショップ(リトルタウントレーダー)
美女と野獣エリア:ビレッジショップ(リトルタウントレーダー)

本のマークもありますね(^^)

美女と野獣:ビレッジショップ
美女と野獣:ビレッジショップ

そして次のお店はビレッジショップスの中央にある「リトルタウントレーダー」

ここでは、村人の日用品が売られています!

ショップに飾られているグッズはもちろん、窓に飾られているお花も可愛いんです♡

美女と野獣エリア:ビレッジショップ(リトルタウントレーダー)
美女と野獣エリア:ビレッジショップ(リトルタウントレーダー)

夜撮影すると、扉の装飾がより綺麗に写ります!

すけ先生

日中はこの扉が開いていた気がする。

朝早くと夜遅くは、こんな感じで閉まってたからシャッターチャンス!

美女と野獣エリア:ビレッジショップ
美女と野獣エリア:ビレッジショップ

こちらのショップ「リトルタウントレーダー」の外は緑をメインとした可愛い扉や窓などがあります。

ひょんちゃん

物語でベルが通っていたパン屋さんをモチーフにしてるのかな?♡

そしてこちら、ピンクをメインとした外観で1番可愛らしいショップ「ボンジュールギフト」

美女と野獣エリア:ビレッジショップ(ボンジュールギフト)
美女と野獣エリア:ビレッジショップ(ボンジュールギフト)
ひょんちゃん

物語の中で村人に人気のある帽子やさんだね!

こちらの写真(上)でもご覧いただけるように、右側にあるショーウィンドウでの写真撮影が得に人気なんです!

美女と野獣エリア:ビレッジショップ(ボンジュールギフト)
美女と野獣エリア:ビレッジショップ(ボンジュールギフト)

このお店には常に多くのゲストで賑わっているため、人が映らない写真を撮るのはなかなか難しいです(;’∀’)

なのでこんな感じ(上)でぬいぐるみなどを使って上手に隠しましょう(笑)

美女と野獣エリア:ビレッジショップ
美女と野獣エリア:ビレッジショップ

ビレッジショップの前にはベンチがあるので、座って撮影してもいい感じに撮れます。

5.ガストン広場

ガストン広場と呼ぶのかはわかりませんが(笑)

ここの周辺にあるもの一体を紹介していきます。

5-1.ガストンの噴水

ベルの住むヴィルヌーブ村の中心にある広場には、ガストンの噴水があります。

美女と野獣:ガストン噴水
美女と野獣:ガストン噴水

ガストン広場のシンボルとも言えるこの噴水は、ガストンと子分のル・フゥをモチーフにした銅像があります。

すけ先生

物語の中の「朝の風景」シーンを思い出すね!

美女と野獣:ガストン噴水
美女と野獣:ガストン噴水

ガストンの背中側から撮るのもオススメです。

美女と野獣:ガストン噴水
美女と野獣:ガストン噴水

閉園間際のアトラクション体験後だと普段の人通りがなく、このような素敵な写真が撮れました。

5-2.ラ・タベルヌ・ド・ガストン(レストラン)

こちらは、先ほどのガストンの噴水の真後ろにある「ガストンが通う酒場をモデルにしたレストラン」になります。

レストランの詳細についてはこちらの記事をご覧ください^^

美女と野獣:ラ・タベルヌ・ド・ガストン
美女と野獣:ラ・タベルヌ・ド・ガストン

レストランの前にはゲストが並んでいるため、空いた時間に撮影することをオススメします!

美女と野獣:ラ・タベルヌ・ド・ガストン
美女と野獣:ラ・タベルヌ・ド・ガストン

こちらの写真のように、レストランの左側にはテラス席にてお食事できるスペースがあります。

お昼の雰囲気はもちろん、酒場なので夜の雰囲気がとてもいい感じなんです!

5-3.ガストンの壁画

美女と野獣:ラ・タベルヌ・ド・ガストン横の壁画
美女と野獣:ラ・タベルヌ・ド・ガストン横の壁画

レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」外壁には、このようなガストンの壁画があります。

ひょんちゃん

ガストンガールズの仮装をして撮影したら映えそう!!

6.モーリスとベルの家

次に紹介する写真スポットは、トゥーンタウン側から入って来ると最初に見えて来る景色になります。

物語の中で、ベルとモーリスが住んでいた家です。

美女と野獣:モーリスのコテージ
美女と野獣:モーリスのコテージ

緑の窓の扉はハートマークになっていてとてもキュートなんです♡

ベルになりきって家の中に入りたい勢いですが、黒い柵の中には入れません。

すけ先生

「美女と野獣“魔法のものがたり”」のファストパス発券所として建設された場所(今現在ファストパスの発券は行われていません。)

ひょんちゃん

今はファストパスの発券が行われていないからか、結構空いていた印象。

だからここで写真撮るなら今がチャンス!

美女と野獣:モーリスのコテージ
美女と野獣:モーリスのコテージ


最初にお話ししたように、トゥーンタウン側から入ることでこちらの風景が見え、その先に村全体が広がっています。

ひょんちゃん

ベルが物語の冒頭で、歌いながら歩いていくシーンと一緒の景色だ!

美女と野獣エリアに入るにはトゥーンタウン側からがオススメ!と言ったのはこの理由があったからです。

7.穴場:フォレストシアター付近

写真スポットに並んでいる時に右手にこのような看板を見つけました。

美女と野獣エリア:フォレストシアターショー
美女と野獣エリア:フォレストシアターショー
すけ先生

「この写真は何かのショーですか?」とキャストさんに尋ねたら、奥のフォレストシアターで行われる予定のシアターショーなんです!て言われたよ。

それを聞いて、奥の方に向かっていくとこのような素敵な光景が。

美女と野獣エリア:フォレストシアター
美女と野獣エリア:フォレストシアター

シアターショーがあるとのことですが、まだオープンしていません。

なのでここに来る人は少なく、とてもいい写真が撮れました!

外観からしてとても素敵で何枚でも撮りたくなります!

下の写真はアップしたお写真です。

美女と野獣エリア:フォレストシアター
美女と野獣エリア:フォレストシアター

シアターショーがオープンしたら見に行きたいですね(^^)

8.野獣の城(アトラクション体験者のみ)

美女と野獣のアトラクション”魔法のものがたり”の体験をした人しか見れない景色があります。

今現在アトラクションは、エントリー受付に当選したのみ体験できることになります。

なので言い換えると、エントリー受付に当選した人しか見れない景色があります。

この記事にまとめらなかったので、詳しくはこちらの記事をご覧ください^^

9.まとめ

いかがでしたか。

東京ディズニーランドにできた新スポット「美女と野獣エリア」はまさに美女と野獣の世界観そのもの。

町並み、ショップ、レストラン全てクオリティが高すぎます。

本当に物語の世界に入り込んだみたいで、素敵で幻想的な写真がたくさん撮れます!

そんな美女と野獣エリアは、朝やお昼は可愛く素敵な写真が撮れます。

夜はとても幻想的な写真が撮れます。

結果、どの時間帯に行っても「インスタ映え」な素敵な写真を撮ることができるんです♡

少しでも人が少ない時間帯に撮りたいという方は以下の時間がオススメです。

【人が少ないオススメの時間帯】

朝:開園~10:30までの早い時間

理由は、時間指定券10:30~/12:00入園の人が来るとエリア内にも人が増えてくるため。

夜:夜パレードの時間帯か、閉園間際

理由は、パレードの時間帯はそっちに流れる人が多く、遅い時間になれば遠方ゲストやお子様連れのゲストは帰るため。

私は実際、朝の方はショーやパレードを見たかったため、人が少ない美女と野獣エリアを見ることはできませんでした;

夜は運よく、アトラクション抽選が閉園間際に当選したため、アトラクション終了後はとても人が少なく良い写真がたくさん撮れました!!



この記事を参考に、これから行かれる方が少しでもいい写真が撮れますように(#^.^#)

ブログの応援よろしくお願いします!
こちらのボタンをポチッと押していただけるととても嬉しいです♡↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ

gotoを利用した一休.comからの宿泊予約はこちらからどうぞ↓

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました